こんばんは!


先日は、コメントいただいた記事を間違えて削除してしまい、本当にすみませんでした(>_<)


コメントくださったみなさま、改めましてありがとうございました♡


いただいたコメントの中に、「ミキさんのストレス解消方法は?」というご質問がありました♪


やっぱり・・・甘いもの食べる!とかですかね~。たっぷり寝る!とか・・・超フツー!


でも、今はなかなかできないので(特に「たっぷり寝る」は無理)


最近は・・・・やっぱり娘と戯れることかなぁ


ぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅ~~~~~~!!って抱きしめて、最高の笑顔見て・・・元気復活!ストレス解消っっ!!です


もちろん、その娘からストレスを与えられることもしょっちゅうですが~~~。笑




昨日は、ここ1週間くらいくすぶっていた風邪が悪くなってしまって、一日廃人と化していました~~


幸い、夫が仕事を休める状況だったので、休んでもらって私は病院に行き、夫が娘のお世話も家事も沢山してくれたので、とっても助かりました!!


よーし。このままイクメンに育ってもらわなければ~~~


今日の夕方くらいから徐々に本調子が出てきました。


このまま順調に治したいと思いますっ







さてさて、前回の記事で、ドアのペイントについてのご質問をいろいろといただきました♪


ドアのペイントについて悩まれてる方が多いのかな?と思ったので、私なりの方法をご紹介させていただきますね。


方法・・・といっても、何も難しいことはなく、超カンタンです






ドアのペイントに関して、一番の心配ごとは・・・・やはり、「ペンキが弾いてしまってうまく塗れないのではないか?」ということのようです。


実は私も、初めて既製の扉にペイントした時、そのことが心配だったのですが・・・とりあえずやってみよう!!の精神で、突き進みました。笑


その時の記事をご参照くださいね。→*




この時は、「イマジンウォールペイント」はまだ使っていませんでした。


上記に書いた通り、弾きが心配だったので、最初はやすり掛けにトライしたのですが・・・・・


相手が強敵過ぎて、あっけなくギブアップ。笑


それで、そのまま塗ってみたのですが、一度塗り目はやはり弾きが結構ありました。


二度塗り、三度塗りと塗り進めていって、やっときれいに塗れたかな~?っていう感じでした。


もしかしたら、四度塗りくらいしたかも・・・・記憶があいまいなのですが。


なので、塗れないことはないけれど、結構大変だなぁ~~~っていう印象でした。


この時、汚れ防止のためにニス塗りまでしたけど、今思えばそんな必要なかったな~って思います


ちなみに、この時の記事 に、「下処理をしていないから、塗料が剥がれてリアルシャビーになっていくと思う」というようなことを書いていますが(笑)


そんなこともなく、塗ってから約2年ほど経ちますが、今のところ塗料が剥がれる気配も全くなく、きれいなまま保っておりますよ~~









と、前置きが長くなりましたが・・・・・







そんな私の経験上、既製の建具(ドア、扉)のペイントには、下地を塗ったり、やすり掛けをするなどの処理は必要なし!!


です。


今回、ドアのペイントに「イマジンウォールペイント」を使ってみて、さらにそれを実感しました




「壁に塗るペンキ」・・・とありますが、ドアにも全然イケますっ


前記事からコレをごり推ししてますが・・・・・決して回し者ではないですよ~~


何なら回したいくらいです。笑






以前塗った別のペンキの時は、下地処理しないで塗って、何度も塗り重ねが必要でした。


が、これだと、ほぼ一度塗りで大丈夫!でした!


ただ、乾いた後に塗り残しが出てくるので、その部分に関しては再度塗り重ねが必要です。


でも、塗り重ねた部分だけ色が濃くなってムラが出てしまう、ということがないので、全体を二度塗りする必要がありません!


ちなみに、それは壁にこのペンキを塗ったときにも同じことを感じました。


その時の記事はこちら→*


この時は、元の壁紙の材質が塗りやすいタイプだったのかな~なんて思ってましたが、そういうわけではなかったみたいです♪






そんなわけで・・・・本題に!!!






ドアを塗るときに必要なものは・・・・




* ペンキ


* ペンキ用のハケ


* ローラー(あれば小さめのサイズ。ホームセンターに売っています)


* 絵具用などの平筆(100円ショップに売ってます)







それから、写真にはないけれど、養生用の養生マスカー。これ大事です♪


養生テープとビニールシートが一体になっていて、養生がカンタンにできます!


養生をしっかりとすることが、セルフリフォームの一番大事なことかも


この作業が一番面倒くさい!笑


ですが、これを丁寧にすることで、8割はもう仕事が終わったようなものです







細かい部分は、普通の養生テープを貼って、カッターで切るときれいにできますよ~






養生テープも、マスカーも、ホームセンターにいろいろなサイズのものが売っているので、いろいろと見てみてくださいね。







養生が終われば、あとはペイントペイント!


楽しい作業です♪








我が家はモールディングがついているドアなので、最初に細かいモールディング部分をハケ+平筆を使って塗りました。









そして・・・・・・








面積の広い部分は、ローラーを使って~


全部ハケで塗ると、ペンキが付き過ぎて垂れてしまったり、均一に塗るのが少し難しいのですが、


ローラーを使うとペンキが付き過ぎることなく、程よい量が均一に付くので、広い面積はローラーを使うといいと思います。


ローラーで塗った後、ハケを使って塗り残し部分を塗ったり、上から均していきました。


2~3時間で一度塗り目が乾きますので、二度塗り目。


「イマジンウォールペイント」を使った場合は、ほぼ一度塗りできれいに塗れていると思いますが、若干の塗り残しはあると思います。


その部分を、ハケや平筆を使って塗っていきます。


乾いたら、養生をはがして・・・・・







完成です











今回は、我が家のモールディングがついているドアを例にしましたが、飾りの何もないフラットなドアの場合は、ローラーは普通の大きなサイズでいいと思うし、小さな平筆も必要ないかもしれません。




あと!!!


ペンキを塗るとき、水で薄めるかどうか・・・なのですが、


私は、基本的に薄めません。


プラスチック製のコップを用意して、それに水を入れて置いておき、必要に応じてハケをコップの水につけて、塗っていきます。


もしちょっと薄めたいなって時は、少しづつペンキの缶に水を入れて混ぜてもいいかもしれないです。


ローラーを使うときは、ほんの少し水で薄めました。


ほんの少しづつ、調節してくださいね。


ペンキが薄まり過ぎてしまうと、何度も塗り重ねなければいけなくなってしまうことがあります。








そんなわけで、ドアのペイントのやり方、少しでも参考になれば幸いです







そのほかにもご質問を沢山いただいています、ありがとうございます!


少しづつ記事にしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたしますっ










あ、ちなみに・・・・windows8とは、未だに格闘中です。笑








↓ぽちっと応援してくださったらうれしいです♪


更新の励みになります!


いつもありがとうございます♡

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村